ウェルネスダイニングが考えた利用者の為のメリット

体重を減らす生活

健康生活を取り戻す第一歩はここから歩めます

和食

ハードルが低いと始めやすい

健康食を自分の手で作り上げるぞ!と気合を入れても、それが最後まで持つでしょうか?一番大事なのは継続なので、気を緩めたスタートをおすすめします。自宅に届けられるだけなら気合もいりませんね。

READ MORE

初めての病食で知っておくコト

フルーツをデザートにしてもいいですか?

人工的な甘味よりもおすすめですが、カリウムの摂取過多には気をつけることです。特に、缶詰のフルーツにはシロップ漬けされているものがほとんどで、その中にカリウムがたくさん含まれています。

塩分を抑えるにはどうしたらいいですか?

塩は調味料の中でも大活躍しますよね。そんな塩の量を抑える為には、辛味を増やすという工夫もいいかもしれません。これまで使ったことのない香辛料を増やしてみませんか。

たんぱく質摂取過多の何がだめなんでしょうか?

摂取したたんぱく質は本来腎臓で不要な分を排出させますが、腎臓機能が低下するとそれがままなりません。不要となった老廃物が体への負担になりかねないのです。その為、腎臓病患者にはたんぱく質制限が必要になります。

腎臓病を持つ人は海藻類もだめだと聞きましたが・・

控えるようにしましょう。海藻類には、フルーツのシロップ同様、カリウムが大量に含まれています。しかし、全く食べてはいけないということではなく、毎食、味噌汁に入ってる程度なら体への負担も小さく済みます。

宅配料理の注文は簡単に行なえるのでしょうか?

はい、ネットからでも電話からでも簡単に行なえますよ。気になるメニューを始めに選び、どんな味わいなのかと家族と一緒に試すのもいいでしょう。健康生活を始める為には、楽しく続ける気持ちが何より大事なのです。

健康へのこだわり

栄養管理士が考案

医療施設でも活躍する、栄養管理士がウェルネスダイニングにも在籍しています。体に必要とする栄養バランスを考え、かつ美味しさも諦めない病食は美味しくて続けやすい!と口コミでも大評判に。特に、我慢することなく糖質を制限できるのは嬉しいですね。

低カロリーで美味しい

病食は続けなくては意味がありません。ウェルネスダイニングでは、続けやすい味わいを目標にしているので低カロリーでも美味しさに重きを置いています。旬の野菜をメインにしたメニューやおかずの種類が豊富にあると、利用者も楽しい食事時間を過ごせますね。

新メニューも登場

ただでさえ、料理のメニューが多いと評判ですが、毎日続ける利用者のことも考え、ウェルネスダイニングでは季節限定のメニューも出しています。定期的に新メニューが登場するとなると、利用者にとっても次は何か、というわくわくが病食を続けるモチベーションになりますよね。

好きな日数分だけの注文

注文は何も毎日でなくても大丈夫です。必要な日数分を注文できるのもウェルネスダイニングならではのメリット。毎日届けられても、その日食べられなかったら翌日へ・・でもまた新たな料理が届けられると、食べきれなくなるという問題を解消する為です。まずは一食から試してみましょう。